■工法のメリット
  • 水処理用の工程が不要になるため、設備の軽減化と工期の短縮が図れる。
  • 汚染水、汚染汚泥が発生しないため汚染物処理が不要になると共に、地中漏水等二次汚染が無く処理コストが軽減できる。
  • 解体発生物(ガラ・鋼製物)を処理剤により安定化するため、運搬時の二次汚染防止が可能。
  • ダイオキシン類の毒性が現位置にて削減され、特管廃棄物の排出・輸送が無く、コスト低減が図れる。
  • ダイオキシン類に対し、総量の大幅削減を図ることから恒久的な環境修復が図れる。
  • 保護具等に付着した粉塵等は、処理剤により安定化されるため作業場外への拡散が非常に少ない
  • 焼却炉周辺の既降灰物による地表汚染に対し、簡易に土壌汚染修復(対策)を行う事が出来る。


 
←戻る

Copyright (C) 2004 Incineration ashes etc. Stabilization technical association. All Rights Reserved.